見積もり時のトラブルや注意点

中古車買取は、もっとも重要とも言える見積もり依頼から始まります。やはり、 買取査定を依頼する際に踏まえておくべき注意点や回避したいトラブル は事前に把握しておくべきでしょう。
買取業者を利用する際、一般的に査定員は、市場全体の相場やマイナス点・ プラス点を細かく説明いたします。この時に説明もせず、修理歴・事故車で あるマイナス点などの指摘をする他に、相場が動くからと契約を急がせたり 一方的に安い査定金額提示して強引に引き取って行こうとする場合などは、 注意すべき悪質業者の可能性があります。相場は大体、一ヶ月単位の変動で すからその日断ったとしても後ほどの打診を待つ位のゆとりは持ちましょう。 出張買取を依頼した場合、なかなか断りづらいという面もあるようですが、 必ずその場できちんとした説明を求めたり安易に追従しないほうが良いでし ょう。
また悪質業者の場合、名義変更を行わず後日、自動車税の請求やが届くなど のトラブルに見舞われるケースも実際にはあるようです。
後々面倒なことに巻き込まれない為にも、知名度もあり信頼できる大手業者 の利用や、口コミ・評判をチェックして事前に情報収集対策はすべきしょう。
見積査定後に、本契約となりますが、事前に用意した必携書類(車検証・自 動車税の支払い証明書・自賠責保険加入証明書など)は提出し、委任状や譲 渡証明書を作成することになりますので、見積時に、車検証の住所・氏名の 確認は勿論のこと書類準備は必ずしておきましょう。
そして、買取価格を上げたい為に、計器類を交換して走行距離のメータ改ざん をするケースも実際に存在しているようです。一般的に全国の中古車売買のオ ートオークション会場のデーターは共有されており、売却時の中古車の走行距 離数はオートオークションへの出品有無によって保存されて管理されています。 また、車の売却時の走行距離数を調べる方法は走行管理システムで調べること も可能です。走行メーター改ざん車・走行距離不明車という判断をされた場合、 当然車の価値も下がりますので安易に行わないことでしょう。また、事故や修 理歴・リコール該当車(リコール修復済み)などの報告は、トラブルへ繋げな い為にも買取依頼時にきちんと説明しましょう。
想定していない事柄で注意しておきたい点に、買取後に新たに問題点が見つか った場合、再査定され買取価格の減額になることがあります。この《二重査 定制度(再査定)》を適応している業者も少なくありませんので、未然のトラ ブル防止のためにも、査定時に契約内容は確認しておきましょう。また、個人 で判断出来ず悪質なトラブルの場合は「国民生活センター」・「各都道府県の 消費者センター」などで相談すると良いでしょう。

 

中古車一括査定


inserted by FC2 system